FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/16 (Wed) 06:26
ラニーニャ現象が話題ですね。

「ラニーニャ現象」で東海以西の梅雨明け早め
産経新聞
南米ペルー沖の海面水温が下がる「ラニーニャ現象」の発生が見込まれるため、梅雨明けは西日本から東海は早めという。 ラニーニャが発生すると、太平洋赤道海域東側のペルー沖で海面水温が下がるが、逆に西側のフィリピン付近は上がり、大気の対流活動が活発化。 ...(続きを読む)


「ラニャーニャ現象」で猛暑・渇水の恐れ
朝日新聞
「ラニーニャ現象が1、2カ月以内に発生する可能性が高い」とみるからだ。赤道付近の東風が強まるこの現象が起きると、日本の南の太平洋高気圧の勢力が強くなるという。前線の北上を抑えるオホーツク海高気圧はあまり強くなく、「梅雨明けが遅れるようなことは考え ...(続きを読む)


6、7月「ラニーニャ現象」の可能性/今年は猛暑? 水不足が心配
日本農業新聞
南米ペルー沖の海面温度が平年より下がる「ラニーニャ現象」が起きる可能性が強まっていることが、10日わかった。過去にラニーニャが発生した年は、猛暑で乳牛やブロイラーが死に、干ばつに見舞われる地域が出た。この冬は積雪量が少ない地区もあっただけに、今後の ...(続きを読む)


幻のエルニーニョでした ラニーニャ現象は要警戒
熊本日日新聞 (会員登録)
また速報は、ペルー沖で海面水温が逆に下がり、日本列島で夏の高温など世界的な異常気象をもたらす恐れがある「ラニーニャ現象」が今後1、2カ月の間に発生する可能性が高いとした。 気象庁によるエルニーニョの定義は、まずペルー沖の監視海域で月平均海面水温と基準 ...(続きを読む)


気象庁予報用語改正 「猛暑日」、「熱中症」新設
南日本新聞
今年の夏は、フィリピン付近の海面温度が上昇する「ラニーニャ現象」の影響で猛暑が予想されており、鹿児島地方気象台は「一層の注意喚起に役立つ」と期待している。 これまで気温の高い日を表す言葉としては最高気温25度以上が「夏日」、同30度以上を「真夏日」、 ...(続きを読む)



<< 佐藤琢磨 身長が話題ですね。 | ホーム | 初完投勝利が話題ですね。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。